海外旅行保険が無料で付帯するカード


>>【年会費無料】で持っているだけで海外旅行保険が【自動付帯】のエポスカードに申込める公式サイトはコチラ

これから海外に行くからケガや病気が怖いから海外旅行保険に入ろう。。

と、お考えのそこのアナタ!
海外旅行保険にわざわざ入会するのは、はっきりいってもったいないです!

と、いうのもクレジットカードには、海外旅行保険の機能が付いているものがほとんどだからです。

しかも、このクレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償は、傷害による死亡・後遺障害以外の補償はすべて、最高1億円まで加算されていきます。

つまり、クレジットカードを複数枚持てば、わざわざ海外旅行保険に入会する必要なく手厚い補償を受けることができるのです!

メリットだらけのクレジットカード海外旅行保険ですが、気をつけなれけばならない点が2つあります。

1つは海外旅行保険の機能が付帯しているクレジットカードには「条件なしで保険機能が使える自動付帯」のものと「旅行代金にカードを利用した場合のみ保険機能が付帯する利用付帯」のものに分けられますのでご注意を!保険の合算は「自動付帯」でないと難しいので、「自動付帯」クレジットカードをおすすめします。

2つめに注意しなければならないのが「同じクレジットカード会社が発行する海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを2枚持っていても、補償額は加算されない。」ということです。(例えば、JCBカードJCBゴールドカードを持っていても適用されるのはJCBゴールドカードのみになります。)

ただこれは、逆にいうとカードブランドが異なれば補償額は加算されていくということです。

以上を踏まえて私がオススメする「海外旅行前に手に入れておくべきカード」は次の3つの点を踏まえて

①旅行保険が自動付帯のもの
②カードブランドは分ける
③年会費無料あるいは条件クリアで年会費無料になるカード

下記の3枚をオススメします!

【JCBブランド】
JCB EITカード(年会費無料)

【VISAブランド】
三井住友VISAカード(クラシックA)
(初年度年会費無料・※「マイ・ペイすリボ」へ登録のうえ、年一回以上のカード利用で、次年度以降も無料」)

【Masterブランド】
DCカード Jizile(年会費無料)

以上の3枚のカードを持てば、あらためて海外旅行保険に入る必要がなく十分な保険機能を受けることができます。

この3枚を合算した保険内容は下記のようになります。

①傷害による死亡・後遺障害
三井住友VISAカード(クラシックA)・・・2500万円
DCカード Jizile・・・1,000万円
JCB EITカード・・・2000万円
※この保険は合算されないため、3枚のカードの中で最大金額が適用されます
最高2500万円

②傷害・疾病治療
三井住友VISAカード(クラシックA)・・・100万円
DCカード Jizile・・・30万円
JCB EITカード・・・200万円
合計最大330万円

③救援者費用
三井住友VISAカード(クラシックA)・・・150万円
DCカード Jizile・・・50万円
JCB EITカード・・・100万円
合計最大300万円

④賠償責任
三井住友VISAカード(クラシックA)・・・2500万円
DCカード Jizile・・・2000万円
JCB EITカード・・・2000万円
合計最大6500万円

⑤携行品損害
三井住友VISAカード(クラシックA)・・・20万円
DCカード Jizile・・・10万円
JCB EITカード・・・20万円
合計最大50万円

以上のようになります。
特に、海外は医療費が日本と比較すると高額に設定されています(※友人はニューヨークで盲腸で入院して240万円請求された)ので②傷害・疾病治療が合算できるのは大変ありがたいです。

jcbeitcp_5000_468_60.gif
>>JCB EITカードに申込める公式サイトはコチラ(年会費無料)


>>三井住友VISAカード(クラシックA)に申込める公式サイトはコチラ



>>DCカード Jizileに申込める公式サイトはコチラ(年会費無料)


上記以外で海外旅行保険が自動付帯でついている年会費無料カードとしてはエポスカードがあります。

エポスカードマルイ受け取りならば最短当日にカードが受け取れるのですぐに海外旅行保険付帯のカードが欲しいという方にもおすすめです!


>>【年会費無料】で持っているだけで海外旅行保険が【自動付帯】のエポスカードに申込める公式サイトはコチラ

最後に、「何枚もカードを持ちたくない!」という方のために1枚で十分な限度額の保険機能を持っているクレジットカードを紹介します。

1枚で十分な保険機能をもっているクレジットカードのオススメは初年度年会費無料ではありませんが、年会費3000円で次年度以降は100万円以上の利用があれば年会費が無料になるミライノカードGoldもオススメです。

ミライノカードGoldは最高5000万円までの(傷害)死亡後遺障害と最高500万円の傷害治療費用や疾病治療費用、携行品損害が1旅行中最高50万円、救援者費用が最高300万円が自動付帯で付き、セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードも保証金額が全体的に高くなっています。(航空機遅延・乗継遅延費用や航空機寄託手荷物遅延費用はついていません)

「家族特約」もついていますが、家族特約に関しては、セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードの方が保証金額が高くなっています。

そのため、ご自身の保証内容を厚くしたい方、年会費を次年度以降含めて安く抑えたい方はミライノカードGoldを、家族特約を厚くしたい、航空機遅延・乗継遅延費用や航空機寄託手荷物遅延費用保証をつけたいという方はセゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードがオススメかと思います!


>>ミライノカードGoldに申込める公式サイトはコチラ