JCB GRANDE CARD口コミ(50歳専業主婦福岡県)

50歳 女性 専業主婦 福岡県在住等です。


所持枚数は3枚で、楽天カード(VISA)、JQ CARD(VISA)、JCB GRANDE CARD(家族カード)になります。


メインで利用しているカードはJCB GRANDE CARD(家族カード)で、ETCカードもJCB GRANDE CARDになります。


使い分け方ですが、基本すべて JCB GRANDE CARDを利用しています。


夫が本会員で私が家族カードを使用しています。


夫も私もそれぞれ個人でVISAカード(夫は銀行のキャッシュカードと兼用のVISA)、私はJQ CARD (VISA)をお互いに知られたくないものを買うときに利用しています。


カードでは日々のお買い物(スーパー)、ドラッグストア、物販店、Amazonなどの通販、公共料金(NTT西日本、NTTドコモ、九州電力、西部ガス、福岡市水道局)、通勤定期代ふるさと納税や自動車税の納付、病院での支払い、ピザの宅配に至るまで可能な限りこのカード払いにしています。


数あるJCB CARDの中でGRANDEカードを利用している理由は、海外旅行傷害保険が ついているからです。

結婚当初は共働きであったので、財布が別々でした。その為クレジットカードもそれぞれ別のものを利用していました。


その頃はそれぞれ年間100万円以上利用していました。私が専業主婦になって、財布が1つになったことと、私の年間利用金額が下がったことから1つの契約にまとめて、私が家族カードを使うことにしました。


JCBの場合一枚当たりの年間のカードの利用額が100万円を超えると、ポイントが1.5倍つくので、まとめないと私の利用分の付与ポイントが減るからです。


出来るだけカードで払えるものはすべてカードで払うことで、ポイントを無駄なく溜めて使うことが出来ます。


カード払いにしておくと、明細書に利用日や店名、金額が載るので、家計簿をつけなくても記録が残り、支出の把握が楽です。


JCBカードの場合、インターネットからこの明細を都度確認することが出来るし、確定申告の時期には昨年度分を1年分確認することも出来ます。


JCBのマークがついていても、発行会社が信販の場合はこのサービスは利用できないと思います。


でも、例えばそれぞれの友人との付き合いだとか、趣味のものだとか相手に説明したくないものや、個人の預貯金から支払うものを買うときはVISAのカードを使っています。


JQ CARDはJRアミュプラザでの利用が割引になるので、そこでのお買い物だけはこのカードを使っています。しかし1年使ってみてポイントと割引額の合計を調べたら、年会費とJCBで買った場合の付与ポイントの合計に満たなかったので、2016年度は退会するか検討しているところです。


しかし海外ではVISAしか使えないところもあるので、残すかもしれません。海外は観光地にしか行かないので、有名どころには必ずJCBのプラザがあり、日本語で対応してくれて、レストランの予約や観劇などの手配、さらにはその会場にいくためのタクシーの手配までしてもらえるので、JCBカードはかかせません。


楽天カード(VISA)は楽天でのお買い物ポイントが有利にたまるというので作成しました。実際そんなに使う機会もなくて、お財布にも入りきらないので、結局ほとんど使っていません。