銀座ダイナースクラブカード

カード券面もスタイリッシュ

大丸東京店のラウンジ無料利用可能

ダイナースクラブ銀座ラウンジ利用可能


このカードはこんな方にお薦め!

銀座ダイナースラウンジや大丸東京店のラウンジが利用してみたいという方、あるいはダイナースで家族カードの発行を考えている方にお薦めのカードです!カード券面もスタイリッシュですので、銀座が好きでダイナースを使ってみたい方もコチラのカードを選ぶ価値はあると感じています!

銀座ダイナースクラブカードのスペック

年会費(初年度) 27,000円(税抜)
年会費(2年目以降) 27,000円(税抜)
ポイント還元率 0.40%
電子マネー なし
海外旅行保険 自動付帯
ETCカード年会費 無料
特長

ビジネスオーナー様、個人事業主様、会社役員 の方の、社用経費決済にお使いいただけます。 ダイナースクラブの多彩なサービスは そのままに、ビジネス・プロフェッショナル様向けの特別なサービスを多数取り揃え!

銀座ダイナースクラブカードの特徴・メリット

銀座に年に2回以上は行くことがある。
大丸東京店を年に1度は利用することがある。
ダイナースプラチナのサービスであるダイナース銀座ラウンジを利用してみたい。
ダイナースクラブカードを持っているが家族カードの発行を考えている。


上記のどれか1つにでもあてはまる方にお薦めしたいカードが銀座ダイナースクラブカードです。

銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードの全てのサービスに加えて、ダイナース銀座ラウンジの無料利用といった銀座界隈で受けることができるサービスが多数付帯した個性的なカードです。

銀座ダイナースクラブカードだけの主なサービスは下記になります↓

①ダイナースクラブ銀座ラウンジが無料で利用可
・ 銀座タワー5階、10時から20時まで営業。
・コーヒー、紅茶、ソフトドリンクが無料。
・ラウンジではコンシェルジェサービスも利用可。サービス内容にはレストラン予約、特約店の優待プラン紹介やWi-Fiサービス、手荷物預かりサービス、宅配料金優待、西銀座駐車場10%割引券提供などあり。

ginzadiners_img_008.jpg
②大丸東京店「D'sラウンジトーキョー」の無料で利用可
・大丸東京店11階にあるメンバーズサロン。
・会員本人(家族カード含む)無料で利用可。(※同伴者は926円で利用可能)
・フリードリンク、喫煙ルーム、フィティングルーム、専用クローク、応接室貸し出し(要予約、3,334円税別/1時間)等のサービス利用が可能。
・但し1日1回2時間までの制限あり。

ginzadiners_img_021.jpg
③銀座界隈の特約店でダブルポイント
・銀座の600を超える特約店でカードを利用すると通常100円=1ポイントのところ、2倍の100円=2ポイントが付与。
・主な特約店:和光、サンモトヤマ、銀座三越、松屋銀座、アルマーニ/銀座タワー、バーニーズ ニューヨーク銀座店、銀座天一本店等。

④銀座Bar優待
・銀座エリアの対象のバー・クラブで銀座ダイナースクラブカードを提示するとウェルカムドリンクやお店自慢の逸品などをサービスしてくれます。

⑤レストラン&ショッピング優待
・通常はダイナースクラブ プレミアムカード会員限定で提供している優待・特典を銀座エリアに限り、利用できます。

以上になります。
特に①のダイナース銀座ラウンジ以前はダイナースプラチナを持っていないと利用できないラウンジだったため、このラウンジを利用したい!という理由で銀座ダイナースクラブカードを持とうとする方も多いようです。

ダイナース銀座ラウンジ、大丸本店ラウンジの無料利用などを年に2~3回利用すれば間違いなく年会費以上のサービスを受けることはできるため、銀座ダイナースクラブカードは年会費は高いですがコストパフォーマンスの高いカードとしてカード利用者には支持を集めています。

また、もう一点、ダイナースクラブカードとの大きな違いに家族カードの年会費が無料であるという点があります。

ダイナースクラブカードでは、家族カードを発行した場合、一枚につき5000円(税別)の年会費が発生するため、ダイナースクラブカードを持っている方が家族カードの発行を考えた際に切り替えて銀座ダイナースクラブカードに申し込むというケースも多いようです。

冒頭で提案した、

銀座に年に2回以上は行くことがある。
ダイナースプラチナのサービスであるダイナース銀座ラウンジを利用してみたい。
銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードを持っているが家族カードの発行を考えている。


という条件に当てはまる方も、当てはまらないけれども銀座ダイナースクラブカードに魅力を感じた方も、銀座ダイナースクラブカードは個性的なカードとして大変お薦めです!

銀座ダイナースクラブカードの口コミ

銀座によく行くのでカードを作りました。

ダイナース銀座ラウンジをよく利用させてもらってます。銀座でゆっくり休めるラウンジが無料で利用できるのは大変ありがたいですね。

また、レストラン優待であるPremium Card Benefit in Ginzaは通常は年会費13万円(税抜き)のダイナースクラブ プレミアムカード限定で提供している優待・特典が銀座ダイナースクラブカード会員であれば銀座エリアに限り、一部特別に利用出来るのがありがたいです。

通常使いをするには高級なお店なのでアレですが、記念日や誕生日などの特別な日には利用させてもらっています。

2019年4月の段階だと瀬戸内料理 すみのえ、玉木、No Birdなどで利用できるみたいですね。

SnapCrab_NoName_2019-4-12_14-37-2_No-00.pngSnapCrab_NoName_2019-4-12_14-37-23_No-00.png

銀座ダイナースクラブカードの種類

銀座ダイナースクラブカードにはいくつかの種類があります。

通常の銀座ダイナースクラブカード、和光提携の銀座ダイナースクラブカード/和光、サンモトヤマ提携の銀座ダイナースクラブカード/ヴィーナスクラブになります

年会費などは変わりませんが、銀座ダイナースクラブカード/和光は、和光での年間お買上金額が20万円以上(税抜)の方に、最大5%分の和光の商品券をプレゼントがあったり等、提携各店舗での優待があります。

SnapCrab_NoName_2019-4-12_14-53-12_No-00.png

SnapCrab_NoName_2019-4-12_16-5-52_No-00.png

銀座ダイナースクラブカードの審査難易度は?

銀座ダイナースクラブカードの審査ですが明確な基準などは示されていません。

入会の目安が年齢27歳以上の方となっています。平均年収が370万円ほどといわれておりますので それぐらいが目安にはなるかもしれません

銀座ダイナースクラブカードの家族カードについて

銀座ダイナースクラブカードの家族カードですが年会費無料で作ることが出来ます

貯まったポイントは本会員様のポイントと合算出来ますので効率的に家族でポイントを貯めることが可能です

通常のダイナースクラブカードの家族カードは年会費が5,000円かかるので、ダイナースの家族カードを作りたいという方にもオススメです!