予約が取れないお店をフラッと利用できる「ごひいき予約」

飲食業界で大きな問題となっている直前キャンセルや無断キャンセル(No Show)、いったいわゆる「ドタキャンによる損失」。


飲食業界のドタキャンで生まれる被害額は現在、業界全体の売り上げの1~3%に達しているといわれており、金額にすると750億~2000億円に達するといわれています。


この「ドタキャンによる損失」問題への解決の一助になると期待されるサービス「ごひいき予約」ダイナースクラブが2017年8月24日より提供開始しました。


「ごひいき予約」とは、「直前のキャンセルによって生じた飲食店の空席を、ダイナースクラブが買い取り、ダイナースクラブの会員に提供するというものです。

「ごひいき予約」の仕組みは、提携店舗でドタキャンが発生すると、ダイナースクラブの公式LINEアカウントでドタキャンが発生した旨が通知され、カード会員であれば早いもの順にその空いた枠を利用することができるという仕組みになっています。

gohiiki.jpg

このサービス、ドタキャンがでた飲食店は、本来回収できなかった売り上げを回収することができ

ダイナースクラブ側はダイナースクラブ独自のサービスを提供することができ

カード会員は予約困難店を予約なしで利用することができる

という、3者が3者ともメリットがある素晴らしいサービスと個人的には感じています。

(※もともとが「この店でキャンセルが出たら優先的に連絡してほしい」というカード会員からの要望と「突然のキャンセルに困っている。ダイナースクラブでどうにかできないだろうか」という飲食店からの要望を結びつけられないか?と考えたことがサービスのきっかけだそうです。)

ダイナースクラブはカードの件名の元でもある「ダイナー(diner:食事)」に関わるサービスに注力しており、エグゼクティブダイニングと呼ばれる、2名のコース料金がダイナースで支払えば1名無料になるというサービスを行っていましたが、 競合カードであるアメックスゴールドダイニングと呼び名を変えて、類似サービスを追随して開始していたため、このような独自の取り組みは今以上にカードの価値を高めているとも感じています。


この「ごひいき予約」のサービス対象店舗は「うぶか / 81(エイティーワン) / 恵比寿 くろいわ / KEISUKE MATSUSHIMA / 銀座 小十 鮨 心白(しんぱく)/ 日本料理 晴山 / セララバアド / TAKAZAWA / ナベノ-イズム / NARISAWA / 日本料理 龍吟 / 青空(はるたか) / フルタ / リストランテ ラ・バリック トウキョウ/ すきやばし次郎)となっており、都内にある飲食店舗のみですが、年内には全国に対象店舗を拡大する予定とのことです。

現在、対象店舗となっているお店(今後対象になる店舗も)はどこも予約が簡単には取れない超名店ばかりとなっており、いちげんさんの利用は難しいといわれていた店舗ばかりです。

これらのお店をいずれ利用してみたい。。とお考えの方は是非、ダイナースクラブカードを手に入れ、このサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

というのも、ダイナースクラブカードは2017年10月1日までに申し込むと条件クリアで年会費相当の23,760円をキャッシュバックしてくれるお得な入会キャンペーンを実施しているためです!

キャンペーンを利用すれば実質初年度無料で「ごひいき予約」のサービスも利用できますので、是非、ご検討ください!

>>ダイナースクラブカードの申込める公式サイトはコチラ