イオンカードインタビュー

イオンカードは、会員数が2780万人の国内最大規模のクレジットカードです。
30年以上の歴史を持つイオンカードは、ほぼすべての券種が年会費無料さらにETCカード、家族カードも年会費無料という保持しやすさと、多様な特典を持つ幅広い券種が様々な用途に答えてくれる魅力的なクレジットカードとして国内屈指の人気を誇っています。

今回は、そんなイオンカードの魅力をイオンクレジットサービスの方に直接お聞きしました。
<イオンクレジットサービス株式会社>
(取材日:2018年11月 取材)

管理人:現在、ユーザーに人気の券種を教えていただけますか。

イオンカード:当社、50券種くらいウェブで申し込みできるカードってあるんですけど、その中で一番人気あるのは、イオンカードセレクトですね。クレジットカードとイオン銀行のキャッシュカードと電子マネーWAONの三つの機能が付いたカードという形で一番お勧めもしてるんですけど、申し込み数も多いです。

今までで言うと、イオンカードがあって、そこにWAONが付いてイオンカード、WAON一体型があったんですけど、イオンカードイコールイオンカードセレクト的なイメージなくらい、まずはもうイオンカードセレクトがあって。

店頭とかの募集でも、まずはイオンカードセレクトをお勧めして、どうしてもちょっとイオン銀行のキャッシュカードの機能は別に要らないよという方には、WAON一体であるとか、あるいは別の提携、イオンJMBカードだとか、そういうものをご案内しているので、まずはイオンカードセレクトというところです。

イオンカードセレクトのスペック

イオンクレジットカード
>>イオンカードセレクト公式サイトはコチラ

商品名 イオンカードセレクト
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
ETCカード 無料
特長 毎月20日、30日は「お客さま感謝デー」買い物が5%OFF!

管理人: 2番目に人気のカードはなんですか。

イオンカード:2番目で言うと、イオンカード(WAON一体型)ですね。これも次に人気があるカードになっていますね。通常デザインとディズニーデザインの2種類あるんですけど。

管理人:ディズニーデザインは、結構やはり、ユーザーさまからのニーズは多いですか。

card-045.png

イオンカード:お申し込みは結構多いですね。

イオンカード(WAON一体型)のスペック

イオンクレジットカード
>>イオンカード(WAON一体型)公式サイトはコチラ

商品名 イオンカード(WAON一体型)
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
海外旅行保険 利用付帯
ETCカード 無料
特長 毎月20日、30日は「お客さま感謝デー」買い物が5%OFF!

管理人:なるほど。3番目に人気のカード教えていただいていいですか。

イオンカード: 3番目で言うとイオンカード(ミニオンズ)です。

管理人:1番、2番人気は想像していた通りだったのですが、イオンカード(ミニオンズ)が3番手の人気なんですね!人気があるとは思っていたのですが、3番手は想像以上の人気でした。

イオンカード(ミニオンズ)は、20代や30代の若い方からの申し込みが多いカードでもあります。

イオンカード(ミニオンズ)のスペック


>>イオンカード(ミニオンズ)公式サイトはコチラ

イオンカード(ミニオンズ)のスペック

年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
海外旅行保険
ETCカード 無料

管理人:分かりました。ありがとうございます。イオンカード持っている枚数の平均、以前は3枚が限界だったということで、今現状、発行してる方って何枚くらいお持ちの方が多いのでしょうか?

イオンカード:結構2枚以上持ってる方も多いです。2枚、3枚くらいであれば利用シーンによって使い分けるみたいな形で。
1枚持ってると、大体カードのことを分かってくださっているんですよね。

イオンカードってこういうカードって分かってて、2枚目はこのカードのこういう機能や特典が付いてるから申込もうかなと思っていただけているのかなと。カード利用でたまったときめきポイントも1枚に集約して交換できるのも魅力だと思います。

管理人:いまだにクレジットカード怖いという方がいらっしゃるので、お金がかかるんじゃないの?っていう、それが1枚持つことでなくなるのは大きいかなというのは思いますね。

イオンゴールドカードについてなのですが、無料のイオンゴールドカードを求められている方は多いと思いまして。条件などを教えていただければと思うのですが。

イオンカード:ゴールドカードは新規では申し込みできないカードなので、利用額がウェブにも書いてあるんですけど、100万円以上必要になります。

管理人:そうですよね。

イオンカード:基本、直近で100万円利用があれば大丈夫です。ただ、それだけじゃないんですよね。イオン直営で何万円以上など、他の利用条件を満たせばインビテーションが届く可能性もあります。ただ、基本的には100万円を使ってくださいという案内になります。

管理人:100万円は利用額としていかなかったけれども、例えばイオンの直営店で多く買い物されている方にはインビテーションが届く可能性も。

イオンカード:あります。

イオンゴールドカードを持っているといい特徴の一つに、イオンラウンジを使えるということがあるかと思います。空港ラウンジの無料利用は羽田空港しか今のところないのですが。

管理人:イオンカードでは即日発行を行われていますね。イオンは店舗数も多く、即日でクレジットカードが手に入る点はイオンカードの魅力の一つだと私は感じていますが、イオンカード即日発行サービスを利用する方はどういったタイミングが多いですか?

イオンカード:イオンで毎月行われているお客さま感謝デーの実施日にも「割引特典を受けたいのでカードが欲しい!」と思った方がすぐに即日発行が出来るので、お客さま感謝デーに即日発行を利用される方は多いですね。

以前もお客さま感謝デーに特典を受けたい方が申し込みを行った場合には「イオンカードを今日申し込みましたという、「申込済証」をイオンでの支払い時に提示すれば5%割引になった」のですがその場合、支払いは現金のみに対応していました。

但し、現金で支払いのみということで高額な商品を購入したい!と思った方は現金を用意しなければならず、他社のカードで支払うと5%オフが適用されなかったので悩んでいたお客様も多かったのですが、現在はクレジットカード機能付きカードの即日発行ができるようになりましたので、そういった悩みも起こらなくなりました。


審査も申し込んで1時間以内にカード受取までできるようにスピード化が進んでいます。クレジット機能付きの仮カード発行という形ではありますが。

仮カードでVISAやマスターといった国際ブランドが付いてないカードになるため、イオンでしか利用できないため後日またVISAやマスターブランドが付帯した本カードが届くという流れになっています。

管理人:お客様感謝デーが実施されているその日にイオンカードが受け取ることができるのは魅力的ですね!

たしかに、その日は即日発行を利用したいという方が多くなりそうですね。即日発行はクレジットカード本体のみに対応していて、ETCカードは後日、本カードと一緒に送付されるという形でしょうか?

イオンカード:そうですね。ETCカードの即日発行にはイオンカードは現在は対応していません。また、即日発行に対応している券種は全カードではなく一部のカードに限られています。イオンカードセレクトとWAON一体型ですね。

管理人:イオンカードの1番人気、2番人気の券種が対応しているのは嬉しいですね!

本日はありがとうございます。イオンカードに関して、サイト情報だけではわからなかったことも知ることができて大変勉強になりました。