ゴールドカードどうやって選ぶ?

あらゆるサービスにおいてクラシックカードとはワンクラス上のハイクオリティな待遇が受けられるゴールドカード。ステータスシンボルとして、「いつか持ちたい。」という憧れを持っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、一口にゴールドカードと言っても、現在は両手では数え切れないくらいの種類のゴールドカードが発行されています。これらのゴールドカードは、同じゴールドカードという仲間ですが、そのサービス内容は同じではありません。選ぶ会社によって特典も年会費も大きく異なります。

どうせなら、自分のライフスタイルに合ったゴールドカードを選んで思いっきり有効利用したいものですよね。

では、ゴールドカードを選ぶ際にはどういったところに注目すればいいのでしょうか?

申し込み資格をチェック

どんなにサービスや条件が気に入っても、発行を申し込んで断られてしまっては、どんなゴールドカードも利用することはできません。まずは、ご自身の年齢、年収、勤務状況などをきちんと把握し、申しこんでも断られないところかをチェックしましょう。ただ、申し込み資格は、あくまで基準ですので、たとえ、勤続5年以上が審査基準に記されていたとしても、年収が審査基準を大きく上回っていれば、審査に通ることもあるので、あくまで目安としてとらえて大丈夫ですよ。

ゴールドカードの利用方法を考える

ゴールドカードをどのような方法で自分が利用したいかを考えると、ゴールドカードは選びやすくなります。

海外への出張が多く、海外で安心して使えるゴールドカードが欲しいならば、海外旅行保険や旅行デスクのサービスが充実しているもののなかから選択すれば最適です。

とにかく、ポイントやマイルを効果的に貯めたい!」と思っている人は、ポイントやマイルの還元率がよりよいゴールドカードを選べば問題ありません。

また、ショッピングが大好きでインターネットでもよくカード決済を行うという方には、損害保険(ショッピングガード)や返品サービスがついているゴールドカードを探してみましょう。

あるいは、「買い物はイオンやジャスコでしかしない!」というように行きつけのお店がある人は、そのお店が発行しているゴールドカードの会員になると、割引その他の特典が期待できて大変お得です。

このように、どういった状況でご自身がゴールドカードを利用するかを考えるとおのずと、あなたに最適なゴールドカードが見えてきます。

ステータスのチェック

ゴールドカードを何よりステイタスとして持ちたい方には、最重要な項目かもしれません。
一口にゴールドカードといっても、同じゴールドカードのなかでも、そのステイタスシンボルとしての力には差があるといわれています。

年会費のチェック

クラシックカードと違いゴールドカードの年会費は一般に高く設定されていますが、最近では、年会費が無料のものや、クラシックカードなみの年会費のところもありますので十分に比較してみましょう。また、キャンペーン期間中は、初年度年会費が無料のところもありますので確認しておいて損はありません。
また、家族揃ってゴールドカードを持ちたい人などは、年会費だけでなく、家族カードを発行する際にどういった割引があるのかもチェックしておくといいですよ。

審査・発行にかかる時間

もし、海外旅行などの期日が迫っており、クレジットカードが緊急に必要であるというのであれば、審査・発行に掛かる時間も重要になるでしょう。
多くのゴールドカードは、審査と発行に時間がかかりますが、早期発効をウリにしているゴールドカードもありますので、急ぎの場合にはそちらを選択するといいでしょう。