楽天カード口コミ(31歳女性会社員)

・31歳 女性 会社員(看護師、不動産所有)大阪府在住

クレジットカードは2年前からポイント欲しさにはまり、今は5枚所有し、3枚を使っています。

持ち始めたきっかけはクレジットカードを好きな同僚にクレカのメリットを沢山聞いている内に凄く興味が沸いてきました。その後は、クレジットカード会社と店の関係性を本で読んで勉強したり、お勧めのクレカは何か、私にとって最適で使いやすいクレカは何かをネットで調べました。

初めて持ったカードは楽天カードです。

楽天での買い物は全くしませんでしたが、それがきっかけでネットでの購入も出来る様になりました。時期を同じタイミングでネットフリマを始めました。ネットフリマでは購入時にクレカ払いにすると手数料がかからなかったので、重宝しました。それからは大きな買い物の時はクレカを使っていました。

ふと、ある日、自宅と所有する物件の公共料金をコンビニで支払っている時にこの金額にポイントがついたらどんなにいいことだろう!と思い、クレジットカードに詳しい同僚に聞くとライフカードとKCカードを勧められました。初めに持っている楽天ポイントにも交換出来るしポイントの還元率がいいとの理由です。

ライフカードを作った次の月は私の誕生日でした。誕生月はクレジットカードはポイントの特典が沢山あります。普段は誕生月は色んな人に貰う側なので関係ない、と思っていましたが、日用品をこの月に一年分近く買いました。子供のオムツからシャンプー、歯ブラシ、歯磨き粉、トイレットペーパーを沢山買いました。一時期家にはトイレットペーパーがオイルショックの時を思い出させる位ありました。それでも全く一年には足りないので来年の誕生月にはもっと買う予定です。

今は食品、生活用品、コンビニでお菓子を買うのもクレカで払っています。初めは少し抵抗ありましたが、スーパーのチャージ型のカードと同じ感覚で使用しています。楽天カードは100円からポイントが付き1ポイントから使用できます。

他にも主人の店で使用する物も私のクレジットカードで支払っています。会社を経営していると物を買うのも普通の家庭よりも多いので毎月結構使いますが、誕生月も合わせて3カ月で1万円分の商品券に交換できるだけのポイントが貯まりました。ポイントは沢山貯めて一気に商品券やクオカードに替える方が還元率はかなりいいです。

クレジットカードを持ってからポイント欲しさに沢山買ってしまうかな、と思っていました。統計でも20%多く買ってしまうという統計も出ているようです。出来るだけ結局安く買える方がお得だと言う事を言い聞かせながら毎日は財布を持ち歩かない様にしています。

ライフカードは自宅の光熱費、持っている物件の2軒分の光熱費を払っています。それだけで毎月15万円程払っていますので、結構直ぐに貯まります。ライフカードは年間の使用金額によって翌年のポイントの倍数が決まります。この感じで行けば2倍になりそうです。普通の倍数なら楽天カードの方が還元率はいいです。
楽天カードはライフカードを持つまでは少しだけ公共料金を払っていましたが、今は時たま気まぐれに使用しています。ほぼ、アンケートに答えたりクリックをしてポイントを貯めています。アンケートに答えるだけで月に平均350ポイント位貯まります。期間限定のポイントもありますが、上手く使えば年間4200円位タダで手に入る様なものですので、すごくお得です。

KCカードはナナコカード(セブンイレブン)のチャージ用に使用しています。

還元率は楽天カードと同じなので楽天カードでいいのですが、ポイント10倍キャンペーンや貯まったポイントに応じてポイントが加算される制度をとっています。今は10倍ポイントが来るのを待っているのですが、会社の母体が変わってからまだ一度もありません。一年持ってポイント10倍の時が無ければ解約しようと考えています。

後はヤマダ電気のセゾンカードを持っていますが、何となく入り一度も使用していません。きっとその内解約するつもりです。

後一つは、イトーヨーカドーのセブンカードです。こちらも近くにこのスーパーが無いのにローソンのポンタポイントが貰えるので契約しました。

恐らくその内解約します。カードはよく使うものに集約した方が効率よくポイントが貯まります。管理も沢山持っていたらややこしくなるし、無くなった事も分からないような状況にはしない様に3枚程度にまとめる積りです。しかし、他にもいい還元率のカードがあるかもしれないので色々情報を集めて取捨選択して行く予定です。

公共料金を一つのクレジットカードにまとめる時は事実ややこしく面倒くさかったですが、一度してしまえば、後は自動的に引き落とされ、ポイントが貯まっていくので重宝しています。少しの労力で何万円ものポイントが手に入ると思うと使わなかった時が勿体なく感じられます。

クレジットカードのよさを教えてくれた同僚には感謝しています。ので、今は私が色んな人に伝えています。