デルタ航空スカイマイルJCBカード口コミ

34歳 T・I 女性 専業主婦 海外在住

海外旅行に行く際はツアーには申し込まず、100パーセントマイレージが貯められるようにJALのカードのマイルを貯めるときは、JALがだしている格安航空券をJALのウェブサイトで直接申し込み、もちろんカードで支払います。

そして、マイレージが貯まる提携されたホテルに宿泊を予約すれば、マイレージが100パーセント貯めることができます。海外旅行に行く際も空港では必ず、JALの免税店での買い物をしています。

マイレージのカードは、飛行機によってマイルが貯められるように現在3種類持っています。

こちらの3枚があれば、どこかへ旅行に行く際は必ず航空会社がどれか一つのカードにマイレージを貯められることは間違いないと思います。

まず一つは、ANAの電子マネー(edy)がついたANAマイレージクラブEdyカードで、カードを作る際には最初に、カード発行料で500円かかるもの、そして、JALのマイルが貯まるJMBローソンポンタカードで、こちらはセゾンカードなので永久年会費が無料で一枚あると便利です。

さらには、メインで使用しているデルタ航空スカイマイルのJCBカードです。

こちらのカードは年会費はかかりますが、ANAやJALのマイレージカードのようにマイルの有効期限がないのでとても貯めやすいです。

提携している航空会社もたくさんあるので、個人的にはこちらのカードが今までで1番貯めやすいと感じました。

シーズンオフの際は4万マイルでハワイへ行くこともできました。

しかし、個人的に失敗したなと思ったのは、普段からデルタカードで携帯や買い物の支払いに使用しているのですが、JCBなので海外ではなかなか使えるところも限られているので、こちらをVISAかマスターカードにしたほうが良いかと思いました。

なので、海外での買い物は、JALの方のカードを使用しています。こちらのカードは、海外旅行保険も付帯されてるので一枚あれば安心です。

国内でもマイレージが貯まる提携店舗も増えているので、少ないマイルでも必ず忘れずにカードを提示しているように心掛けています。

最近では、現金を使っても得はないけれどもカードを使用したほうが、なんだか得をしたように思えるので、ほとんど現金は持ち合わせていません。

なので、友人と食事に行った際に割り勘のときはカードで支払わせてもらっています。

少しせこいようですが、現金が出来るしマイレージも貯められるので...。しかし、誰も損をしていないのでいいのですが。

普段から地道ではありますが、少しづつの行動を積み上げていくと何気にマイレージも貯められて、タダで旅行にも行くことができます。

マイレージで国内旅行に行けるのは、思っているより意外に早く行くことができるような気がします。

デルタ航空のその他の提携カードもおすすめ!

シルバーメダリオン資格を取得できるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードゴールドメダリオン資格を取得できるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなどもお勧めのカードです。

特に入会ボーナスマイルやファーストフライトボーナスはカード会社が異なる場合にはそれぞれのカードで貯まりますので、デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカードデルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカードなどで一気にマイルを貯めるチャンスでもあります!