イオンカード、楽天ピンクカード、ウォルマートカード口コミ評判

49歳 会社員女性 東京都練馬区在住
現在、4枚のカードを所有しています。
内訳は、
①AEONカード「VISA」
②Walmartカード「AMERICANEXPRESS」
③YAHOOカード「Tポイント機能付・MasterCard」
④楽天ピンクカード「Edy機能付・JCB」
私は今年に4枚を全て所持しました。

最初のきっかけは、ルネサンススポーツクラブの入会でした。入会と同時に、AEONクレジットカードの作成と入会になるとの事で、カードが自宅に到着したのは、ルネサンス利用して1ヶ月後で、クレジットカードの事は、100%忘れていました。AEONカードは利用していません。それがきっかけとなり、walmartカードの申し込みをしました。

週に5日は利用している、近所のSEIYUスーパーで毎日3%オフ、指定日は、5%オフになるというwalmartカードを作成してみることに決めました。現金で購入するより、少しでも安くなることが魅力です。食材は日々の事なので、3%、5%は大きいと感じています。

ただ、銀行に行けず手持ちが無くても買い物出来る事は、私には違和感を感じる事があります。良いと感じる点は、walmartカードは、セゾンカードのひとつで、セゾンカード共通の、永久不滅ポイントというポイントが貯まるので、ポイントの利用期限を気にしなくていいのが良いと感じます。

又、時々車を利用します。併せて無料で作成出来るとの事で、ETCカードの付帯をしました。請求の付帯で、ETCカードは別になります。高速道路の利用料も、永久不滅ポイントになるので、良いと感じる点です。

3枚目のYAHOOカードと、4枚目の楽天ピンクカードは、walmartカードの利用で、クレジットカードの 便利さを実感したので作成しました。

YAHOOと、楽天は、以前からネットショッピングを利用しておりましたが、銀行振込、代引きでの利用でした。こちらの2枚を所有して良かった事は、以前より商品の到着が格段に早くなったと実感しています。これは、かなりの日数で変わりました。金曜日の夜に注文したり、祝日が重なった場合は特に違います。

これも、インターネットショッピングで、クレジットカード決済を選ぶことによる魅力だと感じています。

又、YAHOOカードは、Tポイントが貯まるので、私の利用の仕方は、例えば、ファミリーマートでは、楽天ピンクカードの、Edy電子マネーで支払い、Tポイントも貯まるようにとYahooカードも提示しています。

これでTポイントと、楽天ポイントを同時に貯める事が出来るようになりました。

現在、4枚のカードを所有して、使い分けを楽しみながら利用しております。

最初のAEONカードが 、たまたまVISAでしたので、2枚目のwalmartカードは、「AMEX.」3枚目のYahooカードは「MASTER」4枚目の楽天ピンクカードEdy付帯は、「JCB」と異なるように選択して申し込みしました。
その際の異なる理由は特にありません。

更に、AMEXの場合、現在のところ、海外の利用は、1回払いのみのようです。

分割払いは、金利がもったいないので利用したくはありませんが、万が一の場合、AMEXが利用不可能な店舗があった時には、使い分けする事が出来たら便利です。
これで、安心して海外でも過ごせます。

又、ある出来事がきっかけで、知った事があります。
楽天Edy電子マネーの付帯の楽天ピンクカードは、現金チャージと、クレジットカード払いの自動チャージが有るのですが、このカードは、私の所有している他の3枚より特に気を付けて管理しないといけません。

勿論、全てクレジットカードの管理は気をつけなければなりません。

何故、楽天ピンクカードEdy付帯を特に気を付けて管理しなければならないといけないかと感じた経験をお伝えしたいと思います。

結論は、電子マネーは現金と同じ扱いです。

それは、私自身が、実際に起こってしまった出来事です。

8月のとある日に、コンビニエンスローソンにて楽天ピンクカードEdy付帯を利用しました。
Edy電子マネーで支払いました。
しかし、その翌日、楽天ピンクカードが無い事に気が付きました。恐らく、紛失したと思います。
最終の利用から、24時間と、7時間、あわせて約1日半過ぎていました。
慌てて、緊急窓口に電話をし、カードを停止処理してもらいました。
最終利用日、利用金額等を質問されました。

その時、初めて知ったのは、電子マネーの残金は、本人でなかったとしても利用出来てしまうし、自動チャージがされていた分の残金は保証出来ない、
「紛失後から停止の間のチャージ残金は他人が利用しても戻せません。現金と同じ扱いです。」と言われました。

幸いながら、私の場合は、丁度良く、ローソンでEdyの電子マネーを使いきり、不足分は現金で支払い、買い物を済ませましたが、その時自動チャージはされていなかったようです。

現在、ほとんどの店舗は、3万円以下のお買い物は、サインレスで済みます。
カード所有者本人で有るかどうか、ましてやコンビニエンス等では、なおさら本人の確認等はきちんとされていないと感じます。
今回は、自分自身の不注意で、カードを紛失してしまいましたが、このアクシデントにより、クレジットカードの管理の大切さを痛感しました。
緊急窓口に連絡した翌日の朝早くに、近くの交番にも届け出しました。
楽天ピンクカードは、再発行処理をしました。再度カードが到着するまでは、1週間位でした。
楽天ポイントはそのまま以降可能です。

この一度紛失してしまった、楽天ピンクカードの良い点は、まだ有るかと思います。
それは、楽天eナビというサイトがあり、こちらのログインは,楽天IDとパスワードがそのまま利用出来ます。
楽天eナビの中で、利用金額の確認などが出来たり、楽天のキャンペーン等も確認したり、楽天カード会員ならではのキャンペーンや、お得意な優待も受ける事が出来ます。
以前は、楽天でお買い物をしても、なかなか会員ランクが上がりにくかったと記憶が有りましたが、電子マネーの付帯でポイントが貯まる機会が増えて、会員ランクも上がりました。
そこで、改めてポイントについて気が付いた事もあります。
Yahooと楽天は、期間限定のポイントです。ポイントがキャンペーンや、期間内のショッピングは、何倍に倍増したりと様々ですが、いつかはポイント利用期限が到来するので、ポイント消費が目的で買い物したりする場合があり、少なくとも私自身が、経験しました。
それを考えた場合に限っては、セゾンカードが実施している、永久不滅ポイントはとても良心的なポイントサービスと思います。
尚、最初に所有したAEONカードは、ときめきポイントというポイントが有るのですが、よく把握していません。こちらに関しては、ルネサンス会費の利用料金に対してもポイント付与されているようです。現在、様々な会社でポイントサービスがあり、ポイント移行出来たりするので、自分にとって少しでもお得感と、日常の生活が少しでも楽しくなるように、クレジットカードを利用していけたら良いなと感じています。