クレジットカードの引き落とし

クレジットカードの引き落としは利用した金額を自分の指定した口座から引き落としてもらうというもので、クレジットカード代金引き落とし日には、銀行の口座にお金を入れておく必要があります。

もしも引き落とし口座にお金が入っていない場合には残高不足になってしまいカードの代金が引き落としできないので気をつけましょう。

自分では入っているものだと思っていてもついうっかり残高不足で引き落とせないとなると、個人信用情報機関に履歴が残ってしまい、これが後々色々なところで出てくるかもしれません。

クレジットカード代金を引き落としされるのは引き落とし日の早朝3時から5時くらいとなっているところが大半で、この早朝の引き落としで残高が足りなかったら日中に口座にお金が入った時点ですぐに引き落としができる処理をかけるか、日中に何回か引き落としの処理を繰り返すところもありますが、場合によっては朝の時点でクレジットカード代金が引き落としできなければ事故扱いになるところもあります。

事故扱いになれば、先ほどいったように個人信用情報機関データベースに記録が残ってしまいますので十分に注意しなければいけません。

クレジットカードの代金が引き落としされる前日には口座にお金が残っているのかどうかはしっかりと確認しておくようにしましょう。

カード引き落とし日にカードのお金が引き落としできずにその後も入金されなければカード会社から連絡が入っていつまでに支払えるのかを聞かれると思います。